トップページ >介護福祉学科 >介護福祉学科在校生の声
介護福祉学科在校生の声

介護福祉学科
●坂本 恵利奈 … 兵庫県立網干高等学校(通信制課程)出身
 授業を通して、相手に自分の思いをきちんと伝えるには、相手の思いや気持ちを考えることが大切だということを学びました。
私は友だちから「話しやすい、相談しやすい」とよく言われるので、この良さをいかして、人の話を聞き、悩みや思いを受け止めていける介護福祉士になりたいと思います。
●藤田 悠平 … 市川高等学校出身
 ひめふくにはユニークな先生が多く、学生との距離も近いので質問がしやすくて、わかるまで丁寧に教えてくれます。介護技術だけでなく、心理面についても、利用者の方にどのように接すればよいのかということについて、重点的に学びました。
卒業後は施設に就職して、ひめふくで学んだことをしっかりと活かしていきたいと思います。
●中川 萌 … 姫路市立飾磨高等学校出身
 ひめふくでは、介護の専門的な知識・技術だけでなく、掃除をする、提出期限を守る、敬語を正しく使うといった「あたり前」の大切さを学びました。
介護福祉士として就職し、経験を積み、将来的には笑顔があふれる老人ホームを立ち上げたいと思っています。
●鳥羽由里江 … 介護福祉学科 学科長、コミュニケーション技術担当
 対人援助の専門家である介護福祉士は、一方的に利用者さん支援するのではなく、利用者さんから教えていただけることもたくさんあります。
自分の持っている五感をフル活用して支援していくためにも、常に感受性を磨いていくことが大切です。介護には決まった答えはなく、常に新しい発見に出会える素敵な仕事だと思います。