トップページ >活躍する卒業生の声
活躍する卒業生の声

Q1.自分が担当している仕事の内容
障害者施設で、支援員として、自立を目指す利用者さんたちと10種類のパンを製造しています。
Q2.現在の仕事に就いてよかったなぁと思うこと。大変だと思うこと。
利用者さんは年齢も障がいの程度もそれぞれ違うので、対応が難しくつらい時もありますが、利用者さんの笑顔を見ると、がんばろうと思います。
Q3.どんなふうに就職先を決めましたか?
「先輩の話を聞く会」で、障害者施設に就職した先輩の話を聞き、「これだ!」と思いました。
Q4.ひめふくで学んだことで現在の仕事に役に立っていると思うことは何ですか?
社会福祉主事コースの勉強は難しくて、本当に役に立つのかなと半信半疑でしたが、実際に働き始めると、勉強しておいてよかったと思うことばかりです。

Q1.現在の仕事に就いてよかったなぁと思うこと。大変だと思うこと。
介護員は勤務時間が不規則なので自分の体調管理が大変ですが、利用者さんに「ありがとう」と声をかけていただくと、この仕事について良かったなぁと心から思います。
Q2.どんなふうに就職先を決めましたか?
実習させていただいた施設の雰囲気がとてもよく、「ここで働きたい」と思いました。
Q3.ひめふくでの学校生活を振り返って印象深い思い出、エピソードは何ですか?
2年続けて実行委員をした学園祭が一番の思い出です。みんなと協力して一つのことを成功させたという喜び、連帯感、達成感は忘れられないです。また、海外研修先のタイでの山岳民族の小学生との交流も強く印象に残っています。
Q4.これから進学を目指す高校生へ一言
これからますます高齢化社会になりますが、介護現場では人材が不足しています。ひめふくには、専門的な知識・技術を身につけるすばらしい環境が整っていますので、ぜひ、ひめふくで学んで、介護現場に来てください!

Q1.学校の就職サポートで良かったと思うことは何ですか?どんなところがよかったですか?
「先輩の話を聞く会」では、現場の様子や、どのように就職活動を進めていったかなど貴重な話をたくさん聞くことができ、大いに参考になりました。
Q2.現在の仕事に就いてよかったなぁと思うこと。大変だと思うこと。
子どもたちにとって重要な時期に関わる保育士は責任が重いですが、日々の成長をそばで感じられることは大きな喜びです。
Q3.ひめふくで学んだことで現在の仕事に役に立っていると思うことは何ですか?
授業の中で学ぶ専門知識も、たくさん実習に行かせていただき実践を積んだことも、どれも大切なことばかりだったと実感しています。
Q4.これから進学を目指す高校生へ一言
進路を決めるということは、とても難しく悩むことばかりです。私もそうでしたが、今はひめふくを選んで良かったと思っています。保育士はとても楽しいです。みなさんも夢に向かってがんばってください!

Q1.自分が担当している仕事の内容
私は、兵庫県の体験活動指導員として、県内各地で開催させる「まちの子育てひろば」に出向き、人形劇や体操あそび、わらべうたあそびなどの指導をしています。
Q2.現在の仕事に就いてよかったなぁと思うこと。大変だと思うこと。
さまざまな年齢の親子の前で、反応をみながら指導をするのはとても難しいのですが、大勢の子どもたちと接することができるのが楽しく、やりがいがあります。
Q3.ひめふくで学んだことで現在の仕事に役に立っていると思うことは何ですか?
在学中に実習させていただいた保育園とは全然違う職場なので覚えることばかりですが、でも、子どもと接する時には目線を合わせるなど、ひめふくで教えていただいたことが役立っています。
Q4.これから進学を目指す高校生へ一言
ひめふくは、同じ夢を持った仲間に出会うことができる場所です。アットホームな雰囲気なので友だちもすぐにできるし、イベントもいろいろあって楽しいですよ!
トップページ >経営者として活躍中の皆さま
経営者として活躍中の皆さま

■ひめふくを入学から起業まで
ひめふくに入学して「富山型デイサービス」を知り、これしかないと思っていたら、兵庫県にはなかったので、自分で立ち上げるしかないと思いました。
学校へ通いながら休みを利用して介護セミナーに行ったり、「富山型起業化育成講座」に富山へ通ったりと、自分でも勉強しましたが、ひめふくの実習で特養・老健・障がい者支援施設に行かせて頂いたことが何より勉強になったと思います。それぞれの特色を学んだことで「富山型(共生型)」を始めるための基礎知識が出来たと思っています。姫路で事業を行っていると、福祉の現場にはひめふくの卒業生が多く、それだけでも最初のきっかけ作りになります。
よく「ひめふくの卒業生の内海さんですよね?」と声をかけられることがありますが、それだけで親しみを感じます。また、ひめふくでは多種多様な講師の方々の講習会やセミナーを開催しており、卒業生に声をかけて下さったり参加の機会も作って下さるので助かっています。今後は同じ学校で学んだ者同士がより交流や連携がとれるようになっていけばと思っています。

■ひめふくでよかったと思う事
在学中から手厚いご指導はさることながら、とにかく先生方の温かさと人間味あふれるコミュニケーションが大好きでした。
コミュニケーションの面において特に印象的だったのは、やはり緊張の連続であった実習に尽きると思います。
つらく長く感じた実習も、見回りに来て下さる先生の温かな励ましにより乗り越えることが出来ました。
常に理想と現実の狭間で揺れ動く私たちの心の大きな支えとなったのは、先生方だと今でも感じます。また、現在においてもひめふくの先生方から厳しく御指導頂いたことで念頭においているのは「時間厳守」です。
学生の間は提出物であるとか、授業開始時刻であったり。すなわち「約束」。相手のことを思いやる気持ちや介護の現場で必要とされるチームワークについて最低限必要不可欠なものとなります。
あの時の口うるさいと思っていたことが今になってかけがえのないものとなっています。
ほんの一例を紹介させて頂きましたが、様々な面において「ひめふく」でよかったなーと感じることが多々あります。高齢者の方々が生活圏域において、本当に安心して暮らして行くために皆様のような介護のプロがまだまだ必要となっています。
日常の課題や学校生活のなかで日々大変だとは思いますが頑張って下さい。

■ひめふくの日々を振り返り
時代がどんなに変っても人が人を支え、思いをうけとめ気持(心)に寄り添いながら共に生きていける介護の仕事を私はまさに天職であったと思っています。
あの時53才にして若い人達と共に、一心に学んだ気持を15年たった今も熱く思うとき、学生となり介護の勉強をしたことに間違いはなかったと思っています。
人を深く思いやる心が自己も又成長しているのだと思っています。
最後に「銀の鈴」のネーミングについて。
銀と鈴 シルバー、いぶし銀等 時を経てなお輝き、鈴の音色は低く澄み静かにやさしい音色をひびかせる
そういう意味合いをこめて命名しました。