トップページ >入学希望の方へ >「専門実践教育訓練給付金」について
「専門実践教育訓練給付金」について

 

専門実践教育訓練給付金制度の概要

本校の介護福祉学科(介護保険事務士コース・介護福祉学科主事コース)、保育こども学科が教育訓練給付金が支給される「専門実践教育訓練給付金」の対象講座に指定されました。

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者または一般被保険者であった者が対象講座を受講し修了した場合、受講者が支払った教育訓練経費の最大40%(上限96万円)が教育訓練給付金として支給されます。

 

 ●支給額  訓練費用の40% (年間32万円を上限とし、最長2年間)・・・・64万円

 ●追加支給額 (訓練を終了から1年以内に資格取得し、かつ被保険者として就職した場合)

        訓練費用の20%(年間16万円を上限とし、最長2年間)・・・・32万円

指定対象学科

・介護福祉学科介護保険事務士コース(2年制) ・介護福祉学科主事コース(2年制) ・保育こども学科(2年制)

 

受給資格

専門実践教育訓練に対する教育訓練給付金の支給対象となる方は以下の(1)また(2)のいずれかに該当する方です。

 

(1)初めて受給する場合、受講開始日前日までに通算して2年以上の雇用保険の一般被保険者期間を有している方

(2)2回目以降として受給する場合、前回の受講開始日から次の専門教育訓練の受講開始日までに通算して10年以上の雇用保険の一般被保険者期間を有している方

 

給付金支給の流れ

  ハローワークへ必要書類を受講開始日の1か月前までに提出することが必須です。

 

  例)  4月入学者は、2月末までに必要書類を提出する必要があります。

 

詳しくは

   ※教育訓練給付制度について、詳しくはハローワークにお問合せ下さい。

   ※厚生労働省およびハローワークのWEBサイトに詳細が掲載されています。

 

    ●厚生労働省-教育訓練給付制度

    ●ハローワークインターネットサービス